*

ホームステイ

Homestay_top

学校では決して学べない貴重な経験、ホームステイ

ホームステイは、海外留学では最も一般的な滞在方法のひとつ。滞在の長短に関わらず、多くの留学生やワーホリメーカーが最初の滞在先として利用しています。ホームステイとは、その国の一般家庭に下宿して生活体験をすることですからホテル、コンドミニアムなどに宿泊するのとは異なり、生活習慣や文化の違いを実体験することができ、生活の中での生きた語学力を身につけることもできます。ただし、ホームステイは家族の一員としての自覚と態度が求められるものでもあるため、異文化を受け入れる謙虚さと寛容さは必要と心得ましょう。

ホームステイは気を使うから・・・などの理由から避ける人もいるようですが、語学学校などでは学べない貴重な学習を望めるのもホームステイの魅力。現地人と衣食住を共にすることで、実生活で役立つ口語表現やスラングなど、生きた英会話を習得でき、マナーや生活習慣を身に付けることもでき、現地の人々とのコミュニケーションに大いに役立ちます。

ホームステイで押さえるべし!「楽しむ秘訣六ヶ条」

ホームステイを楽しむポイントは、日本の習慣は持ち込まず、渡航国の常識に合わせること。日本とは生活習慣の違うホストファミリーと一緒に生活をするわけですから、その家庭の生活リズム、生活サイクルに合わせるよう努力は当然です。よくあるケースですが、英語が苦手だからといって、部屋に閉じこもる人も。これでは英語が上達しないだけでなく、せっかくの異文化交流の機会を逃していることに。話しかけられるのを待つのではなく、積極的に自ら話しかけること。一生懸命会話して、言葉や生活習慣を学び、日本のことを話す。些細なことのようですが、国際交流の輪を広げ、生活習慣を越えてお互いがよりよい関係になるよう努力することも大切なのです。

1. ホームステイの本当の意義を理解するべし

homestay01ホテル滞在ではなくホームステイをする醍醐味は、その土地の人、文化や生活様式に直に触れられることにある。語り合い、意見を言い合い、お互いを守る役割 を果たすのだ。家族である以上、生活するうえで喧嘩も言い争いもあるかもしれない。でもそれも「体験」だ。いいことばかり起こるような夢のような国はな い。不自由を通じ、かけがえのない体験をする場所だと心得てほしい。お金を払っているのに、どこにも連れて行ってくれない、お世話をしてくれないと文句を言うならホテルに泊まればいい。ワガママし放題、気ままな生活をしたいのならホームステイなどすべきではない。

2. ハウスルールを守るべし

社会に法律や交通規則があるように、家庭内にもハウスルールがある。決められた流儀、規則やルール。滞在が始まったらまずこのルールを確認しよう。日本の自分の家族を基本に考えてはいけない。当然だが、文化も違えば考え方も異なるのだ。不明な点や異論があれば必ず口に出していうべきだ。これもすべて大切な家族とのコミュニケーション、うまくやっていくための方法の一つである。影でこそこそ言っても、解決策ではないと心得るべし。

3. 英語力だけがコミュニケーションではない

homestay03ホームステイ家族は、ゲストがペラペラと流暢に話をすることなど期待していない。まったく出来ないのはお互いが分かり合えないから不便が生じる。でもうま く話そうとするよりも、伝えようという気持ちのほうが大切だ。ボディランゲージや電子辞書を使ってもよい。自分の考えを自分の言葉で伝えられれば、コミュ ニケーションにさほどの支障は生じないだろう。多少間違っても恥ずかしいのは自分だけ、相手はまったく気にしていないものだ。人が見るのは、その人の知性や人柄、能力、マナーだ。言い換えれば、言語だけ流暢でも、これらが備わっていないことのほうが問題だということである。

4. 積極的に輪に入るべし

相手はゲストをもてなそうと思って受け入れている。英語が流暢でないことも知っている。でも、今まで会ったことのない、育った文化背景の違うゲストを招くのだ。相手だって最初は不安である。自分から積極的に家族の輪に入っていこう。ファミリー・アクティビティにはできる限り参加しよう。お互いが分かり合うことが大切で、そこから深い交流が始まるのだ。

5. 途中退出や家庭変更

homestay04自分のワガママで途中退出や家庭変更を申し出た場合、当然ながら滞在費の返金はないし、新規家庭での滞在費が発生する。「家庭を代えれば自分の滞在は楽し くなる」という受身の姿勢ではなく、「この家庭で楽しく滞在してやろう」という気持ちが大切。どう考えても家庭に問題があると感じる場合は、手配をしてい る窓口にしっかり伝えること。伝えなければ問題を改善するのは難しい。ホームステイという生活形態が自分に合わないこともあるだろう。落ち込まず、他人を責めず、期間最後まで可能な限り楽しんで欲しいものだ。

6. 自分の家族以上に思いやりを

homestay02ホストファミリー家庭は本当の親ではない。家庭にはただでさえ他人を預かる緊張や責任がある。入る側も最低限のマナーは守ること。帰宅が遅くなる時は連絡をする、食事を取らない時は前もって伝える、などだ。また、家事は積極的に手伝う、自分の部屋くらいは最低限きれいに使う等、自分の家族以上に思いやりをもって滞在してほしい。日本で家族には何も言われなかったこと、一人暮らしで気にも留めなかったこと、海外生活で改めて覚えることはたくさんあるに違いない。ホームステイ経験は語学以上に自分の財産となるだろう。

ホームステイの種類

ホームステイに滞在する場合、渡航者の年齢、希望、目的などにより受け入れ家庭も様々です。一般成人、未成年、親子、シニア層、教師宅、オーペアや、当社オリジナルの目的別プレミア・ホームステイなどがあります。

  • 一般成人ホームステイ(ゲスト年齢が渡航国定める成人の場合)
  • 未成年ホームステイ(ゲスト年齢が渡航国が定める未成年の場合)
  • 親子ホームステイ(親子滞在者を積極的に受け入れるファミリー)
  • シニアホームステイ(シニア層を積極的に受け入れるファミリー)
  • オーペア(宿泊食事と引き換えに家事労働を行う)
  • プレミア・ホームステイ(特別手配のホームステイ)

どのタイプのホームステイでもいえることですが、ホテルを手配するわけではなく現地の一般家庭を手配するという事。ホテルの空室をブッキングするのとは訳が違い、参加者の希望や各家庭の都合、受け入れ条件等を考慮しながらマッチングを図ります。

安心のホームステイは「自社契約ホストファミリー」

homestay05当社の自社契約ホームステイは契約に厳しい制限を設けており、手配の際に必ずルールに則ってホストファミリーの選択を行います。多く場合は、現地学校などの教育機関が手配するホームステイですが、当たりハズレが多いのも事実。初心者から経験者まで安心してホームステイに参加できるよう、当社では自社契約ファミリーをご紹介しています。

自社契約ホストファミリーの一例

お勧めのホストファミリーをご紹介しても、楽しく生活しようと心がけ、またそれを実行するのは「ゲスト」しかできません。一生に幾度もない経験ですから、積極的に話しかけ、できるだけホストファミリーと共に行動してください。日本へ帰国後、何年もメールのやりとりが続いたり、またホストファミリーの子供が日本に来たなどという話も聞きます。自分の行動次第だからこそ、積極的に楽しみたいものです。

ホームステイの参加条件

ホームステイに参加するにあたり、特別な資格や英語力の規定はありません。ホームステイの趣旨を十分に理解し、ステイ先のルールが守れる人で、ホームステイ滞在を楽しみたい人であれば誰でも参加できます。

ホームステイの参加時期

年中受け付けていますが、地域によりバケーションやホリデー期間になると受け入れ家庭が減少しますのでご注意ください。また、ホームステイ手配の際、参加者の希望要望、喫煙の有無、持病・アレルギーの有無、食事制限の有無などを考慮してファミリーを選定していくため、ホテルの空室を予約するようにはいきません。自社契約ファミリーをご希望の場合は早めにご確認ください。

ホームステイの費用

ホームステイには大きく分けて自社契約タイプと学校手配タイプの2種類があります。以下の組み合わせが一般的です(一般成人受け入れホームステイの場合)

ホームステイ手配料 + ホームステイ滞在費 + 空港PU(ピックアップ)
自社契約ホームステイ1週間(バンクーバーの場合)
含まれる内容 費用の目安
留学サポート&コンサルティング、ホームステイ手配料、個人部屋、食事2~3食/日、光熱費、到着空港へのお出迎え、到着時オリエンテーション、ホームステイ先移動費など 約10万円~

※ホームステイ費用は国、都市、期間、種類などにより料金は異なります。
※実際の料金はお見積もり時やお申し込み時の為替レートによって変動します。
※学校手配ホームステイは学校毎に料金や含まれる内容が異なります。お問い合わせください。

homestay_08ホームステイ料金はゲストの年齢、親子滞在、オーペアなど「ホームステイの種類」により変わり、一般成人受け入れ家庭より割高になります。また未成年者の場合はガーディアン、カストディアンといった保護者代理人として別途費用が必要になる場合があります。

このように様々な条件下で受け入れファミリーを選定し厳選して手配することは容易ではありません。ホームステイの手配は経験値と人脈がモノをいいます。手配する側の考え方で決まるといってもいいでしょう。

留学インフォタンクの現地マスターはホームステイ手配もベテランぞろいです。
ホームステイで失敗したくない、もっと楽しみたい方は留学インフォタンクまでご相談ください。

*
やりたい事がある!なりたい自分がいる!将来につなげたい!とりあえず海外へ行ってみたい!その夢を形にする留学プランや組み合わせについては、無料カウンセリングまで。


PAGETOP