ふらふら英語ライフ
*

2011年 11月28日

【ふらふら英語・第4回】究極のTOEIC対策:TOEIC前日のドーピング(後編)

avatar
投稿
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

さあ、前回に続き今回も前置き長いですよ!

寒くなってきましたが、「日常生活英語化計画」(詳しくは連載第1回を参照)は順調に進んでいますか?インターネットの発達で、PCさえあれば日本にいながらにして全世界の情報を容易に入手できるようになりましたが、裏を返せば「留学先でも日本の情報を容易に入手できる」ということでもあるのです。

Illustration by 井出新二(Godrillhas Production)特に長期留学・ワーキングホリデーの皆さん!PCが使える環境にあるからといって、気軽に日本語のサイトにアクセスすると、それはもう、登るのは時間がかかるけど堕ちるのは一瞬とでもいいますか、英語漬けの生活でそれなりにストレスを抱えた身で閲覧する日本語のサイトでは、砂漠に降る雨のようにスムーズに情報が吸収できてしまいます。何せ母国語です。日本語に飢えた脳にとっての日本語サイトは、砂漠に遭難して1週間後に突然空から落ちてきたミネラルウォーターのペットボトルみたいなもの。これは、かなり気を引き締めてかからなければならないポイントです。

YouTubeを始めとする動画サイトで、日本でお気に入りだったあの番組やこの番組。一度クリックしてしまえば、そこから引き返すのは至難の業。タバコと同じですね。

YouTube等の動画サイトを見るな!とは言いません。でも、身になる留学を実現したい!のであれば、せめて英語で海外の動画を検索する程度にしておきましょう。

先日、(仕事中に)そんな海外動画探しの旅に出かけて見つけたのが下記の動画。「もしどこでも連れてってあげる、って言われたらどこに行きたい?」と聞かれて「ディズニー!」と無邪気に答える女の子。母親の「じゃあ、行こう!今!今日出発するのよ」のサプライズに、女の子が1:58辺りで見せる「へ?」の表情。感極まって泣き出す始末。それを見て、仕事中にPCの前で涙ぐむ私。ああ、もう今日は店じまい。社長、お疲れさまでした、感極まったので、私、退社します。とは問屋が卸さないのがドライな現実。
Lily’s Disneyland Surprise!

で、ここからが本題です。

極めてシンプルかつ効果絶大な、史上最高、空前絶後のTOEIC本番直前対策。実行すればほぼ100%の確率で点数アップ!と言い切って差し支えないでしょう!

1. 「TOEICテスト新公式問題集」等、TOEICの模擬試験「3回分」を準備する。

2. TOEICの「本番前日」に、その3回分を解く。

3. 2時間-10分休憩-2時間-10分休憩-2時間、の時間割で解いていく。

以上です。

あまりにもシンプル過ぎて効果の程を疑う向きもあるかもしれませんが、これまでの統計上、この対策を行って点数がアップしなかったケースはありません。

日々の地道な勉強ももちろん大切ですが、学生でもない限り、十分な時間を割いて対策をすることが困難な方も多いはず。学生でも、学校の勉強をこなすのに精いっぱいで対策する時間が足りない…そんな話もよく耳にします。そんなあなたに最適なのがこの対策法!

この対策法で最も重要な点は、「とにかく3回分、みっちり集中して解く」こと。
3回全てが終わった後に自己採点をしてみると、おそらく2回目、3回目、と点数が落ちてしまう方もいるでしょう。しかし、自己採点の結果に落ち込む必要はありません。集中力をほぼ6時間、休みなしで維持するのは確かにキツいです。しかし、それでも、本番だと思って出来る限り集中して解いてください。

日々、文法や語彙の勉強をするのも大事ですが、TOEIC受験者が見落としがちなのが・・・

TOEICは「文法」のテストではなく、「情報処理能力」を試すテスト である、といことです。

要するに、いかに大量の情報(問題)に効率よく対処していくか、がポイント。TOEIC経験者からよく聞くのが「最後の方は全然時間が足りなくて…」という悩み。要するに、「あ、この問題に悩むのはこの辺で切り上げないとやばい!」、そんな時間配分の感覚が欠けているということです。TOEICの参考書では理想的な時間配分に触れているものもありますが、本番でその時間配分を確かめながら解くのはほぼ不可能。

そこで、この対策法を行うことで、「時間配分を体で覚える」ことができるのです。

6時間、みっちり集中して模試を解いていくのは面倒な作業です。でも、たった一日、TOEIC本番の前日一日だけを潰して、この対策法を試してみてください。驚くほどの結果があなたを待っていることでしょう。

よろしければ、対策実施前と実施後の結果をメールで教えてもらえると嬉しいです。
メールの連絡先はこちら↓↓↓
E-mail:  info@ryugakuinfotank.com

ではでは、また次回!

【ふらふら英語・第5回】そうは言ってもボキャブラリー≫


*
やりたい事がある!なりたい自分がいる!将来につなげたい!とりあえず海外へ行ってみたい!その夢を形にする留学プランや組み合わせについては、無料カウンセリングまで。


PAGETOP