ふらふら英語ライフ
*

2012年 3月22日

【ふらふら英語・第6回】twitterで英会話

avatar
投稿
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

以前、ここで「究極のTOEIC対策」に触れましたが(【第4回】究極のTOEIC対策:TOEIC前日のドーピング)、その後のTOEIC公開テストにて「究極のTOEIC対策」を実践した人はいますか?

この「本番前日の一日で効果的に且つ大幅にスコアアップを実現する方法」ですが、唯一の弱点が「なんだかんだ言い訳をしてこの対策を怠るケースが多い」のです。これまでの個別指導&個別カウンセリングの統計で言えば、この究極の対策を伝授されて実際にトライするのは、大体3割くらいでしょうか。

日々8時間以上をTOEIC対策に割き、それ以外の時間も英語圏のテレビ・ラジオ番組しか視聴しない、読書はもちろん洋書のみ…という殊勝な方を除けば、仕事や学校でろくにTOEIC対策もできぬまま本番を迎える…そんな人がほとんどだと思いますし、実際自分自身もその典型でした。だからこそ試行錯誤の末に、「本番前日の一日」で「効果的にスコアアップできる」対策を編み出し、それを極めてシンプルな形にアレンジし、TOEICのスコアアップを切望する方々に伝授しているのですが、「バイトで忙しかった」「疲れてて…」「デートだったので…」等々の言い訳をしながら検定料の無駄遣いに終わってしまうケースがあまりに多い!ちなみに3つめの言い訳は個人的に許せない!

TOEIC対策に限らず、留学やワーキングホリデーという貴重な経験にポジティブに取り組む方に共通する・・・

Just Do It 感、とでも言いましょうか、あの「言い訳しない」感。

それこそが英語学習に最も不可欠な考え方です。

Illustration by 井出新二(Godrillhas Production)ウダウダ愚痴ってばかりで何もしなければ、ゴールはどんどん遠ざかってしまいます。TOEICのスコアアップを実現したければ、まずはこのコーナーの第4回を再読し、Just Do Itです。Just Do It。そんな私はadidasを愛用しております。ついでにこのどさくさに紛れて言い逃げしますが、痩せたければ食べる量を減らして運動すればいいだけのこと。マスコミに踊らされてトマトジュースを買い込むのはやめなさい!と、全国のトマトジュース愛好家を勝手に代表して呟いておく次第であります。例の「トマトが脂肪燃焼に云々…」のニュースの直後、行きつけのスーパーでなかなか恰幅のよろしい方が「ポテチ2袋」と「トマトジュース900mlを3本」を買い物かごに入れているのを見かけましたが、おいおいまずはそのポテチ2袋から考え直せよ!と。このような現象は「フードファディズム」と呼ばれます。アルファベットにすると「Food Faddism」です。良い子はさっそく辞書を引いて調べましょう。

さて、今回はTOEIC対策的な内容からは少し遠ざかりますが、頑張っている教え子のひとりから面白い話を聞いたので、そのお話。

いよいよ留学を目前に控えたA君ですが、「会話力」に大いに不安を抱えており、その弱点克服のために、あの「twitter」を使っているというのです。その方法はというと、共通の趣味・興味を持つ英語圏のtwitterユーザーに返信でコンタクトを取り、反応があれば(現時点では)つたない英語でできるだけ会話を続けてみる…という至ってシンプルなやり方。A君によると、「知らなかった短縮表現を身に付けることが出来たり、時には自分の英語の間違いを指摘されたり、思った以上に勉強になります。あ~、こんな感じで会話すればイイんだ、って。今まで正しい文法を使わないと…って強迫観念に縛られてたけど、会話はリズムとシンプルさが大事だなって思うようになりました。あと、字数制限があるので、それで逆に気楽にコンタクトできます」とのことです。

彼のエラいところは、それまで使っていたtwitterアカウントを捨て、会話の勉強のためだけにアカウントを取得し直したところです。家族や友人との渡航後のやり取りのためにfacebookのアカウントは残しているようですが、「twitterはもう完全に英語の勉強専用」。お金を掛けずになかなか面白い勉強法ですし、何より英語の習得に対するハングリー精神が男前。日常的に日本語でtwitterを使用している人は、渡航先に到着直後に「メルボルンなう」とかつぶやくの?それってスタートラインでコケてない?

「渡航前の無料英会話講座」を謳っている大手の留学エージェントもありますが、会話力もモチベーションも渡航先も目的も異なる人間が集まって講座を受けたところで、なんだか消化不良な感は否めません。かと言って高い授業料を支払って渡航前に英会話学校に通うのももったいない。渡航先では街中に「先生」がいるわけで。

そんなわけで、A君を見習って私もtwitterを始めようかと考えているところです。「二度寝なう」みたいなね、それでスマートに遅刻報告…とはいかないだろうな…。

ちなみにオススメ→ http://twitter.com/#!/gogakuru

【ふらふら英語・第7回】なまけもの必見!英語勉強に欠かせない道具とは≫


*
やりたい事がある!なりたい自分がいる!将来につなげたい!とりあえず海外へ行ってみたい!その夢を形にする留学プランや組み合わせについては、無料カウンセリングまで。


PAGETOP