ユーザーレポート通信
*

2011年 12月29日

【前編】私の英語と海外生活を大きく変えたIELTSコース

avatar
投稿
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

【海外留学レポート/第73 話】

私の留学生活も早いもので10ヶ月が経ちました。その中でやはり切っても切り離せないのが、IELTS(アイエルツ)づけ生活の3ヶ月!IELTSを受けていなかったら、今の自分はもう少し違う生活を送っていたと思います。断言できるのは、受けて損になることは絶対にないということ!

IELTS(アイエルツ)とは?
IELTSとは、正式には International English Language Testing Systemの略。英語を母国語としない16歳以上の人を対象にした英語能力診断テストのこと。リスニング、リーディング、スピーキング、ライティング4技能それぞれのスキルを通じて全般的な英語能力を審査するテストです。英語能力診断テストとして完成度が高く、また国際的な評価も高いため、英語圏(主にイギリス、ニュージーランド、オーストラリア、アメリカ、カナダ)への留学希望者、ニュージーランドやオーストラリア、カナダなどへの永住申請者には重要な試験となっています。→詳しくはこちら



GE(一般英語コース)からクラスを異動し、IELTSコースに。先生方には「もう少し後からの方がいいのではないか?」と説得されましたが、かなり頑固な性格が後押しをして念願のIELTSクラスに(笑)
IELTSクラス

記念すべき初クラスは2Term目から。GEと比べてかなり進むスピードも早く、あっという間に初日終了。確かに、これは今までの何倍も頑張らないとヤバイ。そう体で察知したのを覚えてます。

早速、IELTSの勉強方法について現地スタッフのJunkoさんに相談しました。それとはまた別に、実際にIELTSを受けていた友人たちにも何度か相談しました。

・どうやって勉強していたか
・1日何時間勉強していたか
・他にもどんな参考書などを使っていたか
IELTSの授業

一番の苦手分野がWritingだった私は、とにかく文法に関して沢山の人にアドバイスを求めて聞いていた気がします。IELTS勉強中だった頃の日記には生々しい感情が(笑)

・断然1日のスピードが早い
・クラスの国籍が以前よりも豊かになった
・自分の理解力が足りない…
・課題が多い。
・気を抜くとすぐに置いて行かれる
・今までの人生で一番勉強していると思う
・授業ビックリする程…サッパリ!!
・妙に気持ちだけが焦る。
・1つの課題を終わらせるのにかなりの時間を使ってる。
・分からなすぎる、知らなすぎる。
・悔しくて本当にツライ、泣けてくる。
・難しい…けど、すごく充実してる。
・もう勉強したくない。だけど、やらなきゃいけない。
・やらなきゃ意味がない。
・試験まであと何日…
・1日24時間じゃ足りない…
・1週間でボールペン1本終わらせるのってかなり難しい
・集中力が続かない
IELTSの授業

学校では初めてのテストで泣いて、アドバイスをくれようとしていた先生にも半ば逆切れ(笑) 幸い、先生には本当に恵まれていたので勉強面以外でも本当に色々と教えて貰いました。クラスは自己主張をする場も増えて、勉強以外にもお互いの国についてなど勉強しました。
IELTSの授業

時々、授業後に不定期で参加出来たSpeakingテスト。2対1で本番同様に練習も繰り返しました。褒めて貰えた部分もありましたが、やはり苦手な分野の方が多く。

“文法がダメ”

やはり文法の克服は最後まで私の課題になりました。。。

≪前回のレポートへ     次のレポートへ≫



AYAさん(20代女性・愛知県・社会人)
留学先 オーストラリア/シドニー
留学プラン 自社契約ホームステイ4週間 | Sydney English Language Centre(SELC)16週間 | 選べるボランティア2種類 | アンソニー先生のスカイプレッスン10時間 | プライベート・マンツーマン・レッスン10時間 | 現地サポート
渡航ビザ ワーキングホリデービザ
*
やりたい事がある!なりたい自分がいる!将来につなげたい!とりあえず海外へ行ってみたい!その夢を形にする留学プランや組み合わせについては、無料カウンセリングまで。


PAGETOP