ユーザーレポート通信
*

2011年 12月31日

【後編】私の英語と海外生活を大きく変えたIELTSコース

avatar
投稿
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

【海外留学レポート/第74 話】

今回IELTSを受けることに決めた動機は、今までの人生で一度もちゃんとした受験を経験したことがなかったから。自分の限界に挑戦してみたかったのがきっかけでした。試験が近づくにつれ、不安定になる心境。何度か現地スタッフのJunkoさんに泣きついたことも(笑)そんな時にJunkoさんから頂いたアドバイスは今でも忘れてません。

「血を吐くほど勉強しなさい。笑」
「狂うほど勉強して、狂うほど遊びなさい。」
「出る杭は打たれる。出ない杭は根腐れする。出過ぎた杭は放置される。」
「英語はただの道具。」
「他と一緒なのは怖いこと。」

個人的には同じ境遇のライバルがいたらもう少し更に頑張れていたのではないかと思います。そして試験間際、その頃には服装も化粧も適当、肌は荒れて熱は出るという最悪なコンディションでした…
IELTSクラス

ずっと勉強してきたIELTS。

試験当日は、驚くほどに時間が早くすぎて。2日に分けて受けた試験も終わってしまえば、中身は空っぽ(笑)。オーバーかもしれないけど、永遠に続くような長い3ヶ月も終わり …試験も無事、終わってしまいました。
IELTSクラス

正直結果は勉強不足、まだやれる。 例えどんな分野でも知識が必須となってついて回るのが現実。 今まで受験というものに縁がなかったので人生初のような試験でしたが、自分の実力を再認識しました! 勉強って一生自分から切り捨てることはできないと思う。
IELTSクラス

IELTSを受験する理由は人それぞれ。

・仕事で必要だから
・永住権のため
・大学への入学のため

いつも知り合う人知り合う人に、受験理由を聞かれて答えると、「それだけの理由??!もったいないよ。」と言われてました(笑)。ですが、勿体ないなんてことはなくて、逆に受けていなかったら自分に甘い性格の私は全く勉強しなかっただろうと思います。
IELTSクラスメイト

そして、短期だったけど確実に影響力を与えた学校も卒業。 ここからやっとワーホリ生活が始まるような気がします。実は、試験前からリフレッシュも兼ねて始めたサークルがあります。

次回はその話について書こうと思います。

≪前回のレポートへ     次のレポートへ≫



AYAさん(20代女性・愛知県・社会人)
留学先 オーストラリア/シドニー
留学プラン 自社契約ホームステイ4週間 | Sydney English Language Centre(SELC)16週間 | 選べるボランティア2種類 | アンソニー先生のスカイプレッスン10時間 | プライベート・マンツーマン・レッスン10時間 | 現地サポート
渡航ビザ ワーキングホリデービザ
*
やりたい事がある!なりたい自分がいる!将来につなげたい!とりあえず海外へ行ってみたい!その夢を形にする留学プランや組み合わせについては、無料カウンセリングまで。


PAGETOP