ユーザーレポート通信
*

2013年 2月26日

本当に行って良かった!オーストラリアに感謝したい

avatar
投稿
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

【海外留学レポート/第118 話】

あっという間の一年だった。

サーフィンがしたくていったオーストラリア、サーフィンに関して は何も言う事がない最高だった。
サーフィン雑誌やDVDに出てくるサーフポイントが沢山あったり、世界トッププロサーファーがたくさんいる。
kensuke_australia02

世界のトッププロサーファーと一緒のポイントでサーフィンしたり喋ったり、一緒に写真を撮ったりもした。
もちろん目の前で大迫力のライディングも見れた。
kensuke_austlalia01

僕は毎日のようにサーフィンをしていた。
波がでかくて海に入れない日もあったけど、波がない日のほうが珍しかった。
僕が住んでいた所は毎日波はあるし、1年を通して気温が高く水温も高くて、夏は暑いけど湿度が低くて僕にとっては理想的な場所だった。
周りには永住権が欲しくて頑張ってる外国人もいっぱいいたくらいだった。
kensuke_australia05

毎朝、海に入るとイルカが日の出とともに出迎えてくてる。
イルカも波に乗ってサーフィンを楽しんでいた。
ウミガメも触れるぐらい近くまでくるし、沖の方ではクジラが潮吹きをしていた。
見た事のない光景にビックリしていた。自然の素晴らしさを改めてしった。
kensuke_australia07

そんな生活が出来なくなったと思うとかなり寂しい。
日本に帰って来てさっそく友達とサーフィンに行った。「上手くなったね」と言われ「そんな事ないよ」と言いながら心の中ではスゴく喜んでいた。一年頑張ったかいがあった。
kensuke_australia04

オーストラリアではキャンプ生活もした。
大自然の中、電気もない水道もない、もちろんインターネットもない、水は雨水。
火釜を作って火を焚いてご飯を作り、目の前の綺麗な貸し切りビーチで泳ぐ、夜は火を囲んで酒を飲みながらみんなでキャンプファイヤー。貴重な体験をした。

オーストラリアの大自然が本当に必要なものは何か教えてくれた気がした。
kensuke_australia08

オーストラリアに行く前は2、3年行くかどうしようかずっと悩んでた。
周りにはちゃんとした会社に就職してる友達もいたし、子供までいる友達もいた。
行った当初は英語が分からず上手くいかない事だらけで、嫌気がさして帰ろうかと思た事もあったけど、今では辛かった事も笑い話で友達に話せる。
kensuke_australia03

いい事も悪い事も今ではいい思い出になっている。
いろいろな事を経験して今ではすごくプラスになってるし、行った事で自分が成長できた。
もし、行っていなかったら何も変わってなかったと思う。本当に行って良かった。

オーストラリアに感謝したい。

あっという間の一年だったけど『忘れれない思い出』ができた。
kensuke_australia06

≪前回のレポートへ



KENSUKEさん(20代男性・愛知県・社会人)
留学先 オーストラリア/シドニー、ゴールドコースト、タスマニア
留学プラン サーフィン三昧!
渡航ビザ ワーキングホリデービザ
*
やりたい事がある!なりたい自分がいる!将来につなげたい!とりあえず海外へ行ってみたい!その夢を形にする留学プランや組み合わせについては、無料カウンセリングまで。


PAGETOP