ユーザーレポート通信
*

2013年 5月26日

とても有意義だった2年間のオーストラリア生活

avatar
投稿
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

【海外留学レポート/第122 話】

2年間の留学はあっという間に終わってしまいました。

生活し始めて感じたのは、留学ってこんなもんなのだ。
思った以上に簡単に暮らせるのだ、働けるのだということがわかりました。
留学というイメージをとても高い壁のように考えすぎていたと思います。
aya_repo122_3

心残りはボランティアを出来なかったことです。
もう少し期間や条件を把握して前もって手配を現地スタッフの純子さんにお願いするべきでした。
しかし、次回留学したときに無料で手配して頂けることになったので次回挑戦します!!

帰国が間近になると、やり残したことがないか常に自問自答する生活になりました。
・アデレイドに行っていない。
・ボランティアやってない。
・お世話になった人たちに逢ってない。
・全然英語の勉強してない・・・など

一番思ったのは2年間で私の英語力はどれだけ成長しただろう・・・
日本で、職場で、現実社会に戻って、通用するだろうか。ということでした。

内心、成長出来ていないと考えた私。
今更出てきた不安や焦り。
ギリギリになって悪あがきしたくなりました。

そして、大半の人が考えるように自分もまだもう少しでいいから残りたい。
…私の場合は結局は帰国という結果にいたりました。

長く生活をするようになると、ある程度のことは何でも出来るようになります。
引越し、何回したのかわかりません。
旅行、国内外本当に沢山の人に会いました。
aya_repo122_5

だけど、自分は外国人なのだということはいつも頭に引っ掛っていました。

それは、外見や文化の違いからだったり。
バスカードの値段の違いからであったり。
不動産で引っ越し先を決める際のCompetitionだったりします。

何度か不便な思いをして怒りを感じたことがあるのですが、その度に自分が外国人と気づかされました。

ずっとこの国で暮らしてきたような感覚に陥ることがあったので不思議です。
aya_repo122_4

4ヶ月間通いつめた語学学校は本当に勉強になりました。
IELTSは受けて本当に良かったと思っています。
SpeakingTestもとても自信がつきました。
沢山の素敵な友達や先生がたに会えて良かったです。

そして、何よりも一番の財産になったのは家族。
今まで沢山のホームステイを経験してきましたが、本当に出逢えて良かった。
aya_repo122_1

大切な第2の家族です。また絶対に逢いに行きたい。
何度もパーティしたり、旅行したり、相談したり、泣いたり、笑ったりしました。

こんなに本当の娘のように色々と接して貰えて2年間本当に幸せでした。
この家族無しで私の留学は語れません。
aya_repo122_2

本当に手配してくださった現地スタッフの純子さん、留学InfoTankの鳩野さんには本当に感謝してます。

私という人間を磨く素敵なきっかけになったこの留学。
機会があるのなら何度でも留学したい!!!!!
aya_repo122_6

留学は自分という人間を何処までも変えてくれ、鍛えてくれます。
短い一生の中でとても有意義な時間を過ごせたことに感謝しています。

≪前回のレポートへ



AYAさん(20代女性・愛知県・社会人)
留学先 オーストラリア/シドニー
留学プラン 自社契約ホームステイ4週間 | Sydney English Language Centre(SELC)16週間 | 選べるボランティア2種類 | アンソニー先生のスカイプレッスン10時間 | プライベート・マンツーマン・レッスン10時間 | 現地サポート
渡航ビザ ワーキングホリデービザ
*
やりたい事がある!なりたい自分がいる!将来につなげたい!とりあえず海外へ行ってみたい!その夢を形にする留学プランや組み合わせについては、無料カウンセリングまで。


PAGETOP