InfoTank通信
*

2011年 5月2日

現地サポートの見かた①

avatar
投稿
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

「現地サポート」や「現地オフィス」と聞けば、何を想像するだろうか?

現地の中心地にオフィスがあり、日本人スタッフがいて、いろいろサポートしてくれる。こんな感じではないだろうか。しかし、表面上だけのアドバイスや情報提供がほとんどで、中身がない。こまった業界である。
 
「インターネットできますよ」
「荷物預かりますよ」
「オフィス利用できますよ」
「日本人スタッフいますよ」 
「携帯ありますよ」

などなど、よくよく目にする内容。

じゃぁ、安心だ。ということで、出発前に誰もが不安になる心理をついた「安心」を売りにしている留学エージェントが非常に多いと思います。また、よく見かける現地サポート内容も、どの会社も似たり寄ったり。

たとえばワーキングホリデーサポートだったら、こんな内容が一般的では?

・現地オフィス利用現地サポート
・滞在中のサポート
・納税者番号取得
・郵便受け取り転送サービス
・荷物預かり
・インターネット利用
・住まい探し
・仕事探し
・銀行口座開設
・24時間緊急連絡

大まかにこんな感じでしょうか。
もちろんどれも必要ですし、あれば「便利」です。特に到着当初は要領を得ない海外生活では何かと助かります。当社の現地サポートも同様の内容です。

しかし、この羅列内容の見た目だけが、現地サポート比較の材料になっているのが問題と言いたい。

どこも似たり寄ったりだし、比べられないのが本音。特に「荷物預かり」「携帯電話」「インターネット」といったものはサポートではなく、“サービス”の一環として括ってほしい。現地へ降り立てば、いくらでも無料エージェント、現地エージェントが存在します。この手の“サービス”であれば、日本からの心配はご無用。 そもそもこの部分で比較するまでもありません。

では現地サポートが必要で比較するのであれば何を?と聞かれれば、「滞在中のサポート」と断言してもいい。これが一番大事です。

こんなセリフをよく耳にします。

・現地にオフィスがありますから安心ですよ、
・何かあれば相談でききるから安心ですよ、

現地サポートについてこの程度の説明しかなされない場合は、実際に留学生をサポートする人間(現地スタッフ)のことをよく知らないか、サポートとサービスを一緒にしていると考えていいでしょう。多いですね、名前は知っているけど顔は知らない、会ったことがない。だからサポート体制や本当の中身までわからないし、話しようがない。この業界は日本と現地の温度差は激しく、サイトやパンフレット上だけではとても判断はできませんから付け加えておきます。

じゃぁ、留学生に本当に必要な現地サポートが何なのか???
インターネットが使えることでしょうか?荷物を預けれることでしょうか??オフィスという箱があることでしょうか???

続きは次回で。

>>>>「現地サポートの見かた②」はこちら

*
やりたい事がある!なりたい自分がいる!将来につなげたい!とりあえず海外へ行ってみたい!その夢を形にする留学プランや組み合わせについては、無料カウンセリングまで。


PAGETOP