InfoTank通信
*

2011年 6月29日

文化の違いを楽しめる「心」を持とう

avatar
投稿
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

Hi, everyone! How have you been?
いかがお過ごしでしたか?元カウンセラーのyurikoです。

前回は「留学前の準備」… 語学の基礎中の基礎は出発前に習得しておくべし! という内容を中心に、いかに“出発前の準備”が大切なのかをお話したと思います。

では、語学の基礎もある程度は習得し、現地でやりたいことをリストにし、心の準備も完了!
…いよいよ出発!となるわけです。
出発直前・現地での生活で大切になることは何でしょうか…?
何だと思いますか?

これは人それぞれにあると思いますが、
1.に体調管理
2.にイメージトレーニング
3.に異文化を楽しむ心
じゃないかと思います。

1.は言うまでもないのでお話はしません。出発まで良く食べ、良く眠り、良く学び、良く遊んで(リフレッシュして)体力をつけておいてください。人間は体が資本なので気力体力備わっていれば大抵のことには対応できますので(笑)。
現地では日本では想像できなかったようなこと、新鮮なことが盛りだくさんです。出発までに健康自慢になっておいてください♪それ以下、イメージトレーニングや異文化を楽しむ心について、アメリカ留学の体験談を交えながらお話していこうと思います。

さて、語学向上のために働いていたピザ屋のアルバイトも出発のため一旦休暇に入り、荷造りもほぼ済ませ、アメリカへの渡航日が近づいてきました…。当時22歳で大学3年生だった私(遠い昔やないか…笑。)。

実は、初海外が初留学だったのでした…。

英語は大学の授業、自主学習、アルバイトで会話程度なら緊張なくできていたと思いますが、英語はある程度話せても、現地を見たことがない。さすがに出発1週間前くらいからかなり緊張が高まってきており、あれだけ幼い頃から思い続け、留学が決まってからはひたすら楽しみにしてきたことなのに、「なんだか、行きたくない気がする。」(笑)。もちろん、そんなこと両親にも友達にも言えなかったので(笑)、ひたすら「大丈夫、大丈夫、なんとかなる。」って自分に暗示をかけていました(笑)。

留学先でこういうことが起こったらこうしようかなとか、こんな楽しいことがあるんだろうな!とか。
そうです。イメージトレーニング。
バカバカしく思われるかもしれないですが、やっていた人、やらなかった人、現地でのギャップがかなり違うと思うし、イメージトレーニングによって心の準備ができているので、積極的になりやすいと思います。騙されたと思って、やってみてください(笑)。大丈夫です^^あとは、とりあえず飛行機にさえ乗れば、着くから!

そして“着いたらもう、やるしかない。”

出発前、現地でやりたいことをリストにしながら、その中でも、一番やりたいこと を決めました。
結局色々決めすぎて、1つもできなかった!というようなことにならないように。

たった2ヶ月間の滞在。
私が1番やりたかったこと。それは…『友達を現地で100人作ること』でした。
ちゃんと、お互いに名前を知っていて、会ったら話す友達。
そのためには自分から積極的に話し掛けて仲良くならなければならない。
そして、色んな人と仲良くなれば、必然的に英語で話す機会が増える。
そう思って、この目標を設定しました。

実際、現地で書いたノートにその日話した人の名前、人種、特徴などを書いて行き、現地からは毎日日記で記録を残しました。その日話したこと、学んだこと、感動したことなど。なにより自分のフィードバックになって、日々の経験が身になっていたなぁと思います。(実際に帰国までに100人以上の名前がノートいっぱいになりました!留学の日々の詳細はまた次回♪)

初海外=初留学だった私。
初めて国際線に乗り込み、私以外ほぼ欧米人だった機内に足を踏み入れた時の気持ち。「ハ、ハリウッドや…。」(笑)正直、欧米人だらけのその空間は、それまで観て来た映画の世界のように思えたし、今自分の目の前にある空間が夢のようなふわふわした気持ちになったのを今でも覚えています。それくらい衝撃的でした。でも、嬉しかった。
ようやく、私は今、夢を実現しているんだ!と。機内では隣に座ったアメリカ人カップルと仲良くなり、色々お世話してくれました。

現地に着いてからも便が遅れ、大学に送迎の車を遅らせて欲しい旨の電話がかけたかったのだがコーリングカードの使い方が分からず(笑)、空港を歩いている人たちに話し掛けても嫌な顔をされて対応されず。正直、「日本だったら若い女の子が困って質問してきたら大半の人が助けてくれるし!!」と文化の差に驚きつつ、ある意味その違いが楽しかったり(笑)。留学の心構えで大切ものの1つに、“異文化を楽しむ心”、もあります。日本とはほぼ全てが異なる外国での生活。違いを楽しめる心があれば、たくさん吸収し、学ぶことができます。

何とか大学に着き、私の大学の寮での生活がスタートしたわけです…♪
ルームメイトはAfrican Americanの歌が上手な大学1年生。寮も4塔(4種類)から選べましたが、私がステイしたのは各国からの留学生や現地の学生がごちゃ混ぜになった寮。色々な文化に揉まれての楽しい毎日のはじまり。

あっ。本当は感動の帰国の日のことや、大学での毎日のこと、そして私は留学時に自分の将来の夢を決めたので、そのエピソードなど書きたかったのですが…書ききれないくらい長くなりそうなのでまた次回…(笑)。

アメリカ留学とにかく、留学前の準備は体を整え、イメージトレーニング(現地では自分がどうなるのか、どうしたいのかを想像すること)、そして異文化をも楽しんでしまう心を持つための心構えや積極性を持っておくこと…これが大切だと思います。

さて、準備中のみなさん!楽しむ準備はできていますか?

留学期間は限られています!

体中で感じて、体中で楽しんできてください!
無理矢理まとめましたが(笑)!それではまた次回~♪

see you soon!

≪前回の記事へ     次回の記事へ≫


*
やりたい事がある!なりたい自分がいる!将来につなげたい!とりあえず海外へ行ってみたい!その夢を形にする留学プランや組み合わせについては、無料カウンセリングまで。


PAGETOP