InfoTank通信
*

2012年 1月11日

注目したい学校 New Zeland Language Centres(NZLC)

avatar
投稿
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

昨年、ニュージーランドの語学学校New Zeland Language Centres(NZLC)日本人スタッフ、国立万紀子(Kunitate Makiko)さんといろいろお話させていただきました。

NZLC_makiko国立さんは私(鳩野)と同級生、誕生日も一日違い、星座も同じ水瓶座。さすがに血液型まで同じとはいかずAB型。国立さんの仕事はNZLC全体のMarketing Manager兼オークランド校Deputy Principalと大変な働き者、頭が下がります。ニュージーランドで働く前にオーストラリアでも同じ仕事を経験しており、これまでの優秀な実績からも語学教育のエキスパートだ。

彼女が働いているNZLCといえば、ニュージーランドを代表とする語学学校の一角。ニュージーランド主要3都市にキャンパスを持ち、留学生、留学エージェントにも優良校として長年に渡り名が知れている。学校としての選択コースの豊富さも特徴の一つであるが、他校では実際に開講されないケースが度々見受けられる中、この学校ではそれが極端に少ない。いや、最近聞いたことがない。世界中から生徒が集まる基盤は既に出来上がっているので、開講されないことを考える方が難しいだろう。特に語学修得、進学を目論む学生にはオススメ。わざわざ教師陣の質やカリキュラム云々、国籍がどうだとか心配は無用。学生自身がワクワクしながら夢や将来へ向けてしっかりと学習できる環境が揃っている。

同じ志を持った留学生の層が集まる学校で、教育熱心な彼女が厳しく楽しく良きアドバイスを与えてくれるはずだ。
※国立さんはオークランド校にいます。

そんな国立さんが考えるニュージーランドの魅力とは、「人とのコミュニケーションが一番の娯楽」とキッパリ。よく耳にする自然が豊かで~フレンドリーで~こんなどこの国にでも当てはまる(日本にも)ようなコメントではなく、いろいろと興味深いお話を聞かせていただき、改めて発見できた時間を持つことができました。深謝。

その他いろいろとお話をしてくれた中で、次のおもしろいデータを紹介したい。

<Top 5 cities worldwide>Top 5 cities: Quality of living ranking
Vienna, Austria (1st)
Zurich, Switzerland (2nd)
Geneva, Switzerland (3rd)
Vancouver, Canada (tied 4th)
Auckland, New Zealand (tied 4th)

Top 5 cities: Eco-city ranking
Calgary, Canada (1st)
Honolulu, United States (2nd)
Ottawa, Canada (tied 3rd)
Helsinki, Finland (tied 3rd)
Wellington, New Zealand (5th)

<Top 5 cities by region>Quality of living ranking Asia Pacific
Auckland (4th)
Sydney (10th)
Wellington (12th)
Melbourne (18th)
Perth (21st)

Eco-city ranking Asia Pacific
Wellington (5th)
Adelaide (7th)
Kobe (9th)
Perth (12th)
Auckland (13th)

こうやってデータでみると、治安やコスト等を考えてもニュージーランドが高校留学から進学まで長期で腰を据えての留学に人気が高いのが、改めてうなずける。

今や多くの海外の語学学校には日本人スタッフが常駐していますが、学校や教育からずれているスタッフも少なくない。もちろん日本人スタッフで学校生活や英語上達が変わるとは思えないが(変わる学生も確かにいますが)、通学中に日本人スタッフと一切接点を持たないこともよくあること。ですが、日本人スタッフ自身の考えや方向性が学校運営やカリキュラムに大きく影響することは間違いないと思う。実際の留学生からの評価、そして私達エージェントからの評価、共に比例しているケースが多いし、そういう意味で国立さんが勤めているNew Zeland Language Centres(NZLC)は、彼女の経験や理念、想いが学校運営に連動していると感じることができる。
※日本人スタッフが常駐していない学校でも優良校はあります。念のため。

教育熱心な国立さんがいるNew Zeland Language Centres(NZLC)。
語学修得に燃える人、海外進学・進出を検討している人はぜひ、この学校を選択肢に入れてみてはいかがだろう。

New Zeland Language Centres(NZLC) オークランド校
New Zeland Language Centres(NZLC) オークランド校

ついでにもう一点。
私達留学エージェントの中には、「学校スタッフがサポートしてくれるから大丈夫ですよ」と、学校に「現地サポート部分」まで丸投げする会社やカウンセラーがおります。では実際に学校スタッフに相談すると「学校以外の事はエージェントに聞いて」と言われ、手配したエージェントに相談すると「学校スタッフに聞いて」とたらい回しが待っていることに。

ハッキリ言って時間がもったいない。

誤認錯誤するような説明なのか、ただの説明不足なのか、どちらにせよ論外。小手先で何とか海外へ送り出そうとする留学会社には気を付けましょう。残念ながら意外と多いのです。また、学校スタッフに海外生活サポートを求めるのは酷ですし、私は反対。彼らの本業はあくまでも学校であることを勘違いしてはいけない。現地サポートは現地サポートのプロに、学校サポートは学校サポートのプロに窓口を分けることが余計なトラブルを回避することにもつながる。

ニュージーランドの留学、学校、現地サポートのご相談は以下フォームからお問い合わせください。
無料留学相談フォーム


*
やりたい事がある!なりたい自分がいる!将来につなげたい!とりあえず海外へ行ってみたい!その夢を形にする留学プランや組み合わせについては、無料カウンセリングまで。


PAGETOP