InfoTank通信
*

2013年 1月25日

【注目したい学校】英語コース日本人はまだ「ゼロ」 / 在校生1695人、69ヵ国の学生が就学するAcademies Australasia

avatar
投稿
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

Academies Australasia(アカデミーズ・オーストラレージア)はオーストラリアのシドニー、メルボルン、そしてシンガポールで展開する学校。今までまったく気にもしていなかった学校ですが、この学校のMarketing Managerに塩川さんという女性が入ったことで今後注目してみようかと。

Academies Australasia
Academies Australasia 公式HP http://www.academies.edu.au/

彼女はシドニーを代表する某語学学校の日本人マーケターとして活躍し、トップレベルの語学学校として押しも押されぬ地歩を築いた立役者の一人だと思っています。生徒やエージェントと密接な立場にいるからこそ、ぶれない媚びない姿勢が更に学校の質を高めたと思うし、学生からのフィードバックも素晴らしいものばかりでした。どんなに良い教師がいて最高の設備が整っていても呆れちゃう学校はあります。学校名は出せないけど(営業妨害とか言われるので)、往々にしてマーケターというかエージェントや学生の学校との窓口に立っている人で損しちゃっている学校もあります。

さて、Academies Australasiaは英語コースもあるが多くのVocational コースも同じ場所にあるため、英語コースだけで形成されている多くの語学学校校とは一味違う環境が望めると思います。広く様々な国や目的の学生との交流も図れるでしょう。英語コース(一般英語、進学英語、試験対策など)もちゃんとそろってはいるが、あくまでも主軸であろう専門コース入学に必要な英語学習の場と考えたほうがしっくりきます。まず、Vocationalコースで受講するにはUpper-Intermediate(中上級~)以上の英語力は必須であり、そのレベルに満たない学生は英語コースからのスタート。英語コースも進学を考えて受講する学生層が多いだろうから、同じ目的で英語勉強を励みたい学生には良い環境といえるでしょう。

短期より長期で腰を据えて勉強したい人の方が向いているでしょうね、ナンちゃって英語学習の人にはもっと向いている学校は仰山ありますから。英語の学習だけなら他の語学学校でもいいわけだし、キャリア志向、語学以上を学びたい人にススメたい学校です。

Academies AustralasiaVocationalコースいろいろあります。

・Travel & Tourism (Certificate ll – Advanced Diploma)
・Tourism & Guiding (Certificate ll – Advanced Diploma)
・Marketing (Certificate ll – Advanced Diploma)
・Management (Certificate ll – Advanced Diploma)
・Information Technology (Certificate ll – Diploma )
・Accounting (Certificate lll – Advanced Diploma)

Vocationalコースの詳しい内容は問い合わせください。
無料留学相談フォーム

サクッとメール相談したい方は、
info@ryugakuinfotank.comまで。

国籍比率がどうしても気になる人も多いでしょうから以下参考まで。

■英語コース 国籍割合(割合は常に変動しますのであしからず)
コロンビア1/インドネシア8/モンゴル2/マセドニア1/フランス2/イタリア2./メキシコ1/ブラジル10/中国10/香港2/スペイン1/ベトナム3/タイ1/スロバキア1/イスラエル1/ネパール5/トルコ4/オランダ1/フィリピン1/ポルトガル1/韓国6

計64人。
そして日本人はまだ0人 (2013年1月15日現在)なんだと!

日本人が少ない学校がいい、日本人がいない学校がいい、といった希望者にはうってつけでしょう。日本人がいない環境って本当に大変なんですけどね。。でも学校内だけなら話は別です。私は日本人比率なんて学校の判断基準のポイントにしなくていいと昔から思っているのですが、比率が気になる人は敏感に反応してしまいそうな国籍。だって理想の環境でしょ?

■Vocational コース 国籍割合(割合は常に変動しますのであしからず)
在校生1695人中、日本人15人、69カ国の学生が就学。
トップ20カ国は、インドネシア・中国・ブラジル・ネパール・フィリピン・タイ・ベトナム・インド・トルコ・韓国・ポーランド・スロバキア・フランス・バングラディッシュ・マレーシア・リトアニア・コロンビア・イタリア・香港・イギリス・台湾など。

このコースでも日本人ほとんどいません。
英語コース同様、日本人から距離を置いて勉強したい人は文句なしでしょう。

それと「キャリホリパッケージ」というコースがあります。
Academies Australasia Career up & Holiday Package Plan 2013(PDF)

●英語の勉強だけではみんなと一緒。なんだか物足りない。
●英語が話せて当たり前の環境で自分を試したい。
●特定の専門分野を就学して、その分野で海外の人と仕事をしてみたい。
●国籍を超えて、一人の人として世界に通用する人になりたい。
プラス、
●せっかく海外に来たのだから、思いっきり遊びたい、旅行したい!

と思う人にはいかがでしょう。


*
やりたい事がある!なりたい自分がいる!将来につなげたい!とりあえず海外へ行ってみたい!その夢を形にする留学プランや組み合わせについては、無料カウンセリングまで。


PAGETOP